記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事や学校に行きたくなくなった時


仕事や学校に行きたくなくなった時

仕事や学校へ行きたくなくなった時。
皆さんも、仕事や学校に行きたくない時ってありませんか?

特に、学校で嫌な事があったり、
仕事でミスしたりして、そのフォローのために今日は働くなんて考えると、
憂鬱な気分になり、行きたくなくなりますよね。

学校や仕事場、行先は違いますが、
行きたくない理由は比較的似ている事がよくあります。

なんとなく行きたくないわけでは無く、
理由があって、行きたくないんですよね。

特に嫌な事があった翌日は行きたくなくなります。

今日は、そんな時、たくさんある方法の一つとして、
辛い時こそ、がむしゃらにやってみるというお話です。





ゴールを決める

仕事や学校に行きたくなくなった時

辛いときは、誰にでもあります。
けど、辛いのは甘えや自分に自信が無いからだ!
なんて不躾な話はしません。

老若男女、誰にでも学校や仕事へ行きたくない時はあるんです。

それは、来週行きたくないわけでは無く、
今なんですよね。。。

今日は、行きたくないんです。

その視点を少し先に見据える方法を試します。
要は、ゴールを決めるわけです。

仕事なら、そのプロジェクトの終わりや、納品日にするとか、
学校なら1学期の終わりや卒業や就職内定など。
先に見えるゴールを目標にするわけです。

すると、ゴールは大きく見えるものになります。

ゴールへ向かうには、1つ1つの小さな積み重ねを何回も重ねて
ようやくゴールへ近づくわけですよね。

その大きなゴールへ向けて、行う積み重ねは、
ゴールを見据えることで、小さな積み重ね、、、、
つまり、今ある現実は、小さい事に気づきませんか。

大きな目標へ向かっているのですから、
今の失敗なんて、小さなかすり傷なんですよ。

一色真宇のカウンセリング動画【ケースA4 人生の目標が定まらないのはなぜ?】





ゴールを切った時に思い出すこと

仕事や学校に行きたくなくなった時

小さな積み重ねを1つずつ行い、大きなゴールをめざしたあなた、
ゴールのテープを切った時、一番思い出す事は何だと思いますか?

それは、楽しかった、嬉しかったことではなく、
辛かった時の記憶なんです。

良いときもあれば、悪いときもあるのが時の流れ。
目標に向かう際中では、辛く、つまらなく、嫌な事もあります。

しかし、目標を達成したとき、
自身は感動に包まれて、やりきった達成感に充実することでしょう。

この達成感は、辛いとき、苦しくて嫌な時を思い出すことで、生まれます。
達成感が充実する時に思い出す事は、嫌だった過去の日のこと。

その嫌な日を思い出し、それでもやり遂げた自分を思い返して
達成感は大きくなります。

つまり、辛く嫌な事が無く、淡々と目標を達成した事には、
充実感が生まれないんですね。

恋愛が良い例です。
好きで仕方がない相手の気持ちが分からない故、
悩み苦しくなることがあります。

でも、その恋愛が成就したとき、心から嬉しく思える時は、
考えるのも疲れたと思うぐらい悩んだあの日があったからこそ。

人は、悩み苦しみ、嫌な思いをする事で、
幸せを感じることのできる生き物なんです。

変な生きものですね。

自分で自分を褒める。
そんな日が誰にでもあると思います。

それは、目標を達成した時が一番大きく感じる時。
そして、目標を達成したあとに思い返す事は、
面白かった時ではなく、辛く苦しい日々の事。

だからこそ、辛く苦しい嫌な時は、
ゴールを見据えて、がむしゃらに向かう方法を試すと、
自分を褒めれる人になると感じます。

成功する人の考え方と目標設定の意義

関連記事

コメント

コメントの投稿

お役立ちアイテム









RSSニュース

検索フォーム

上手時間ツイート

プロフィール

上手な時間

Author:上手な時間
ネットで見つけた、時間を有効活用できる利便性の良い商品やサービスを紹介しています。たまには感動系の話題で心の休息も。(リンクフリーです)

相互RSSも募集中です。
お気軽にご連絡下さい。
詳しくはこちら → http://jouzujikann.blog.fc2.com/blog-entry-165.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。