記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭の火起こし失敗例と簡単な方法


炭の火起こし失敗例と簡単な方法

はじめに、、、

バーベキューで火起こしは、難しいと思ってませんか。
なかなか炭に火がつかないと、昼ごはんの時間も遅くなり、雰囲気も最悪になったりしますよね。

出来れば炭の火起こしはスマートにしたいもの。
炭に火がつかないのは、間違った方法をしているからなんです。

今日は、キャンプ歴の長い筆者が失敗例と、簡単に火起こし出来る方法をお教えします。





■炭を入れ過ぎるな!

炭の火起こし失敗例と簡単な方法

アメリカの豪快なBBQをイメージしているのでしょうか。
コンロいっぱいに炭を入れて火起こししているグループをよく見ます。

それでは火はつきません。

調理の火というモノは、育てるものなんです。
小さな火から、だんだん大きくするものです。





■初めからデカい炭を入れるな!

炭の火起こし失敗例と簡単な方法

すぐにBBQを始めれるように、いきなり大きな炭を入れて
バーナーが真っ赤になるまで燃焼させているグループがありますが、
大きな炭は燃焼時間が長い分、つきづらいのです。

初めは小さな炭に火をつけるようにします。
いきなりデカい炭を入れても、火はつきません。

大きな炭が多いときは、ハンマーや石などで炭を砕きます。
砕いた断面が凸凹になり、火がつきやすくなるメリットもあります。

火は、小さな炎から大きく育てるものです。





■炭の着火方法

炭の火起こし失敗例と簡単な方法

当たり前ですが、火は空気を吸って燃焼します。
炭の周りに空気が通る道が無ければ、炭に火はつきません。

火は下から上へ燃え上がりますので、
炭の下に空気が入ると、風を送らなくとも自然につきます。

煙突効果ってやつですね。
網の上で着火させるのが有効です。

また、炭は側面よりも角の方が着火しやすい性質をもちますので、
炭はなるべく立てて並べると良いです。

新聞紙を使った炭の着火方法として有効なのが、
新聞紙を囲い状にしてから、炭を回りに立てて並べると効果的です。





新聞紙の代わりに、炭が入っていた段ボールを小さく切って炭の山に入れこむのも有効です。
段ボールは火力が高いので、ほっといてもつきます。

また、牛乳パックは中面に蝋が塗ってあるので、火が長持ちします。
この牛乳パックをところどころに入れると、風を送らなくともつきます。

いづれも5分もすれば炭に火がつきますので、
何もしないでも大丈夫。コツは、炭の下側に空気が通る道を作ることです。





■おわりに

この方法を利用すると、うちわがいりません。
また、吹いて風を送る必要もありません。

最後に、火がついてからの注意です。

食材を乗せたら、炭に風を送るな!
灰が舞いあがり、食材が灰だらけになりますよ。

火が弱いからといって、着火剤を追加でくべるな!
最悪、持ち手の方に引火しますよ。

以上、炭のカンタンな火起こし方法でした。


 

関連記事

コメント

コメントの投稿

お役立ちアイテム









RSSニュース

検索フォーム

上手時間ツイート

プロフィール

上手な時間

Author:上手な時間
ネットで見つけた、時間を有効活用できる利便性の良い商品やサービスを紹介しています。たまには感動系の話題で心の休息も。(リンクフリーです)

相互RSSも募集中です。
お気軽にご連絡下さい。
詳しくはこちら → http://jouzujikann.blog.fc2.com/blog-entry-165.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。