記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【不眠症 改善】実は以外に多い不眠症の人


【不眠症 改善】実は以外に多い不眠症の人

不眠症とは。

夜、寝つきが悪かったり、夜中に何度も目が覚めてしまい深い眠りが出来なかったり、逆に朝早くに目が覚めてしまったりという十分な睡眠をとれていない症状全般をさします。

こう言われてみると、当てはまる方が多いのではないでしょうか。

不眠症の主な原因は、、、、

・暑い、寒い、うるさい、などの環境の変化。
・枕や布団、シーツの種類、寝間着などが変わる素材の変化。
・悩み、イライラ、極度の緊張などの精神的変化。
・アルコール、カフェイン、薬の副作用や運動不足などの身体的変化。


以上が主な原因です。

不眠症になるのは、20代から30代からはじまり、性別ですと女性が多いようです。





不眠症になる一番の原因は、ストレスからくる身体の興奮があります。
人間の脳は、活性化されると眠くなりにくい性質があります。

寝る前に心配事や考え事をして頭を使うと、脳が起きてしまい結果眠りづらくなります。
また、脳の活性化に伴い身体的な疲れを忘れてしまい、体の休憩欲求を脳が上手く受理出来ない状況になってしまうわけです。

とある知事も、2016年6月現在、政治資金指摘利用の釈明のため、奔走していると思いますが、たぶんアイツも不眠症です。

なぜなら、自信の保身をいかに守ろうかという小物は、外的プレッシャーに弱く、毎日心配ごとが続いていると思うからです。

潔さが無い男は、見苦しい。退任か減俸か、お金のトラブルはお金で責任を取らなければ誰も納得しないでしょう。
「違法では無い」という幅が広すぎて、政治資金は逆に言うとなんでも使っていいお金という事ですね。

話しがそれますので、この編にしておきます。
あの男も不眠症でしょう。





そんな身近な不眠症において、解決策はいくつか出ています。

・カフェインを取らない。
・枕を低くする。
・軽い体操をする。
・入浴をしっかり、血行を良くする。


これらが主に不眠症に有効な方法ですが、はじめに書いたように不眠症には色々な原因があります。
リラックス環境にするのが一番ですが、なかなか人間心配事や生活習慣は体から抜けません。

不眠症をそのままにしておくと、身体的な負担が大きくなります。
肌荒れや口内炎、むくみ、倦怠感などが現れ、他の病気を併発する恐れがあります。

そこで、不眠症は早い段階から改善策を取った方が良いとされています。

リラックス出来る環境で、どうしても不眠症が治らない場合は、続きを読んでみてください。

続きはこちら。

不眠症からの脱出




関連記事

コメント

コメントの投稿

お役立ちアイテム









RSSニュース

検索フォーム

上手時間ツイート

プロフィール

上手な時間

Author:上手な時間
ネットで見つけた、時間を有効活用できる利便性の良い商品やサービスを紹介しています。たまには感動系の話題で心の休息も。(リンクフリーです)

相互RSSも募集中です。
お気軽にご連絡下さい。
詳しくはこちら → http://jouzujikann.blog.fc2.com/blog-entry-165.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。