記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車の振替輸送を分かりやすくする


電車の振替輸送を分かりやすくする

電車の振替輸送が分かりづらいと感じた事はありませんか?

どの区間ならOKなのか、スイカやパスモはどうやって振替輸送を証明するのか?
いまいち分かりづらいんですよね。

そこで、今回は電車の振替輸送アレコレをまとめてみました。





そもそも振替輸送とは?

電車の振替輸送を分かりやすくする

振替輸送とは、お客様が支障区間の乗車券をあらかじめお持ちの場合で、列車の運転に支障があった際、当社の路線又は当社が他の鉄道会社に依頼して、お客様の所持する乗車券の区間内を、他の経路によりご利用いただくものです。(東京メトロ)

つまり、利用区間が明記かれた切符を持っている事が前提なのですね。






振替輸送の対象となる切符

電車の振替輸送を分かりやすくする

区間内の切符、回数券、定期券です。
利用区間以外の切符は振替対象にはなりません。





振替輸送の対象とならない切符

電車の振替輸送を分かりやすくする

ここがポイントです。
電車が止まって立ち往生しても、振替輸送の対象とならない切符があるんですね。
それが、IC乗車券です!

IC乗車券はクレジット機能など付加機能も付けられ大変便利ですね。
鉄道会社もIC乗車券は補償金を取りながらも普及させるように促進しています。

そのIC乗車券は、振替輸送の対象になりません。。。
つまり、遠回りをさせられながらも、運賃を取られるという事になります。

当日でも予約可能!国内格安航空券なら大黒屋トラベル






どうしてIC乗車券は振替輸送の対象にならないのか

電車の振替輸送を分かりやすくする

IC乗車券は、後払い清算の鉄道会社が多く、退場時に清算が行われます。
対して、定期券や切符は前払いです。

運賃や行先の明記されたチケットを持っている場合、その行先までを保証する義務が鉄道会社にはありますので、定期券や切符は振替輸送の保証を受けれますが、ICカードは後払い清算式のため、改札を退場して初めて目的地が分かります。

したがって、入場した時点では行先不明のため、振替輸送の対象にならないという考え方だそうです。





関西はIC乗車券でも振替輸送を受けられる

電車の振替輸送を分かりやすくする

関西圏のA駅からB駅を経由してC駅へ向かうとします。
B駅とC駅区間で電車が止まった場合、一度B駅で退出して清算をします。

その後、B駅からC駅までの振替輸送チケットを改札でもらい、振替輸送を受けます。
これが、ユーザビリティにとんだ関西圏の鉄道会社サービスです。





ICカード利用時の振替輸送を分かりやすくしてみる

電車の振替輸送を分かりやすくする

ICカード利用者は、すべてにおいて振替輸送の保証を受けることができません。

・改札入場前に運行不能が分かった場合。
 目的地までの別の交通期間を自費で払います。

・改札入場後に運行不能になった場合
 改札内で運転再開を待つか、改札を出て別期間を自費で利用します。

・乗車後に運行不能になった場合。
 途中駅までの運賃を払い、運転再開を待つか別期間を利用します。
 当然、すべて自費です。


つまり、ICカード利用者は、遠回りさせられようが全て自費扱いで振替輸送を受けることができません。
身も蓋もないですね。。。





まとめ

電車の振替輸送を分かりやすくする

ICカードが振替輸送の対象にならないのは、法律で決まっているわけでは無く、鉄道会社のルールにより決められています。
関西圏では、ICカード利用者でも振替輸送の対象になりますので、出来ない事はないようです。

しかし、残念ながら東日本地域の鉄道会社はすべてICカード利用者の振替輸送保証を実施しているところは無いようです。

振替輸送を受けたいならば、切符を買うか定期券を買うかの2択になります。



関連記事

コメント

コメントの投稿

お役立ちアイテム









RSSニュース

検索フォーム

上手時間ツイート

プロフィール

上手な時間

Author:上手な時間
ネットで見つけた、時間を有効活用できる利便性の良い商品やサービスを紹介しています。たまには感動系の話題で心の休息も。(リンクフリーです)

相互RSSも募集中です。
お気軽にご連絡下さい。
詳しくはこちら → http://jouzujikann.blog.fc2.com/blog-entry-165.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。