記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【誰でも出来る】車を安全に速く走らせる方法


【誰でも出来る】車を安全に速く走らせる方法

車という道具は、人も荷物も運べて目的地の前まで座って行ける便利な道具です。
そんな便利な道具だからこそ、たくさんの人が車を使い、
それゆえ、たくさんの運転技術が生まれるわけです。

運転技術は、人それぞれで遅いと思うスピードを速いと思う人がいるように、
感覚でマチマチになります。

感覚の違う人間が同じ道路を走るわけですから、楽しい方、イライラする方など
感情の変化も同じ道路上で起きるのは当たりまえで、その結果、渋滞が起きたり、事故が起きたりします。

本当の安全運転とは、周りの状況を見ることが出来て初めて可能になる運転です。
”流れに乗る”と言いますが、周りの状況が見えてない人間は、
いくらスピードを遅くしても、安全運転になりません。





例えば、4車線の右側を法定速度の40キロで走っていたとします。
左側が詰まっているので、空いている右側を走ります。
前は、誰もいないので、快適なドライブです。
あなたは、法定速度を守るクリーンなドライバーだと自負するでしょう。

しかし、後ろには時間に間に合わない様子の急いでいるドライバーが居るとします。
後ろの車は、早く目的地に行きたい。スピードを上げたいと思っています。

イライラが募り、あなたの車にピッタリとくっついて煽ってくるでしょう。
あなたは、当然ルールを守っていますので、気づきません。

この場合、、、、、

迷惑を掛けているのは、あなたです。


なんで、法定速度なのに迷惑なのか。
それは、あなたが回りの状況を理解していないからです。

右車線は、追い越し用の車線という定義があります。
法定速度を走るのは、良い事です。その良い事は車の多い左車線でも可能なはずではないでしょうか。

もちろん、右車線を走ってはダメというルールはありません。
しかし、スピードを出す車を邪魔する権利もあなたには無いんです。

つまり、周りの状況を理解し、流れに乗れないドライバーは、
身近なドライバーの感覚を刺激してしまい、その結果、自分の車へぶつけられたり、
無理な追い越しをされたり、自身を危険にさらしていることになります。

これが、現在の交通事情です。





それじゃ、スピードを出せばいいの?

と思うのも間違い。なぜなら、先も述べたように、運転は感覚で千差万別です。
普段スピードに慣れていない人間がスピードを出すと、コーナーを曲がるときハンドルをこじるようになりますので、
結果、怖いだけで、たいして速くなってません。

そこで、今回は車を速く安全に走らせる方法です。

車は、アクセル、ブレーキ、ハンドルの3つを使います。
それぞれの感覚は、慣れであり体で覚えるほかありません。

しかし、普段の運転で気を付けていれば、それが練習になりますので、
いつの間にか上手な運転になっていると思いますよ。

運転の練習は、ブレーキング、ハンドル操作、アクセルワーク、周りの状況の4つです。




上手なブレーキング

【誰でも出来る】車を安全に速く走らせる方法

車の運転において、一番大事なのはブレーキングです。
ブレーキ感覚が全ての基本であり、走る、曲がる、止まるの車の操作すべてに掛かってくる技術です。

運転が下手な人は、ブレーキが下手な人が多いです。

フルブレーキが10の力だとしましょう。
普段、私たちが行う車を止める操作として、ブレーキは6の力ぐらいをずーっと引きずります。
交差点手前から、6のブレーキを掛けて車を停止させようとします。

すると、車が止まる瞬間、車が後ろへガクンと揺れるのを感じたことはありませんか?

これは、カックンブレーキとよく言われる下手なブレーキングで、同乗者から嫌われます。
乗り物酔いの原因にもなります。

まずは、ブレーキ感覚を覚えましょう。練習方法は、、、、

交差点で止まる位置を目視します。
そこの場所で必ず止まれるように普段の6ブレーキングを開始します。
最後に、車が止まる瞬間、ブレーキをスゥーッと抜くんです。


ブレーキング中は、車が前のめりになっています。
止まる瞬間に、後ろに車重が掛かるので、カクンとなります。

そのカクンとなる瞬間にブレーキを抜くと、車は自然に平行に戻り、
綺麗に止まることが出来ます。

ブレーキを開始する感覚も同時に覚えられます。
ブレーキングの開始が早ければ、目視前で止ってしまい、遅ければその逆になります。
目視した目標にピタリと止められる練習をしましょう。





コーナーでのブレーキング

【誰でも出来る】車を安全に速く走らせる方法

コーナー(カーブ)の手前からブレーキングを開始しますが、
コーナー中も、曲がった後もブレーキを踏んだままの人がいます。

これは、かなり車が遅くなる原因でもあり、流れに乗れない人の典型的なスタイルです。

コーナーを曲がるには減速が必要ですが、
減速はコーナー手前で終わらせるのがベストです。

練習方法は、、、、、

コーナー手前で、減速(信号のブレーキングが生きる)。
曲がっている最中は、ブレーキに足を乗せておくだけ。
車が前を向いたらアクセルをゆっくり踏む

車が曲がっている最中は、安全対策のためにブレーキに足を載せておきますが、
手前で十分原則をしているので、車は曲がっていけます。

目視でブレーキングを終了するポイントを見つけて、
そこまでにブレーキングを終わらせ、
車が曲がっている最中は、アクセルを踏むポイントの事を考えると良いです。





ハンドル操作

【誰でも出来る】車を安全に速く走らせる方法

速く走るためには、ハンドルを切らない事です。
しかし、そこに安全が加わると、ハンドルを切らないわけにはいきません。

ハンドルを切るという事は、車の直進に抵抗を与える事になります。
そこで、必要最小限の舵角で曲がれるように心がけましょう。

練習方法は、、、、

コーナー(カーブ)を曲がる時に、ハンドルの角度を一定に保ちます。
初めは、ゆっくりで良いです。

ブレーキを踏み、ハンドルを一定に曲げます。
すると車はコーナーを曲がり始めます。
そして、コーナー出口でハンドルを戻します。


コーナー出口でハンドルを曲げたままにしている人が多いです。
ハンドルは、曲げると抵抗になりスピードが落ちます(ステアブレーキ)

右曲がりで、真っ直ぐになったところで、左へハンドルを修正することってありませんか?
車が真っ直ぐを向いたら、ハンドルは戻すんです。
(次コーナーで詳しく解説)

世の中のほとんどのコーナーは、舵角一定で曲がれる物ばかりです。
追加でハンドルを切るのはドライバーの感覚からであり、
車は、一定の舵角でコーナーを曲がっていけます。

1車線の道路でも、白線いっぱいに使えます。
そこで、舵角一定で曲がれるライン(走行ルート)を見つけてください。
基本はアウト(外側)イン(内側)アウト(外側)に車を走らせます。(車線内ですよ)

アウトインアウトを意識すると、ハンドルをあまり切らずに曲がれる事に気づきます。

その際、丁寧な操作を心掛けてください。
雑な操作は、舵角が変わってしまいます。
ハンドル操作は、丁寧に、舵角一定です。





コーナーでのアクセルワーク

【誰でも出来る】車を安全に速く走らせる方法

コーナーでは、アクセルを離しブレーキを踏みますよね。
ブレーキを踏むと、車は前のめりになり、ハンドルに反応しやすくなるんです。

コーナーで曲がっている最中は、コーナー出口のアクセルを踏むタイミングを考えます。
車が前を向いたら、アクセルをゆっくり踏みます。
すると、ブレーキで前のめりになった車が、アクセルにより後ろ側へ車重が移るので、
スムーズな加速が出来ます。

さらに、アクセルを踏むことで、曲げていたハンドルが元に戻るんです。
ブレーキをしたままだと、戻りませんが、アクセルを入れると、クルクルとハンドルが元に戻ります。

練習方法は、、、、

コーナー出口でアクセルをゆっくり踏む。
車が真っ直ぐになったところで、ハンドルから力を抜くと、
ハンドルが戻るのを感じる。


そのままスムーズな加速へ移行できます。





周りの状況を見極める

【誰でも出来る】車を安全に速く走らせる方法

ここまで練習して上手くなれば、あなたの運転は
レーサーのようなアグレッシブでは無いものの、
スムーズで早い運転が出来るようになっています。

直線で思いっきりかっ飛ばす雑な運転者に、コーナーで追いつく事が出来るようになっています。

車は、アクセルを踏めば速く走れます。
しかし、一般道を速く安全に走るためにはスムーズな運転が必要です。

スムーズな運転に必要な事は、コーナーでのブレーキングやアクセルワーク。
突き詰めると、丁寧な運転です。

最後は、周りの状況を見極める事を覚えます。

後ろに付く車が変化するように、自分の周りの状況も信号毎に変化しています。
ドライバーは、同乗者の安全や、歩行者の安全を確保する義務があります。

あなたの運転が引き金になり、他車が歩行者に突っ込んだとしても、
関係ないや~~~では済まないという事です。

練習補法は、、、、

信号で停車中、ミラーで回りを見ましょう。
両サイドと後ろをミラーで確認しましょう。
たまに、2台先の車を見ましょう。


たったこれだけです。

これは練習です。この練習をしていると、走っていても目の端から周りの車が入ってくるようになります。
走行中も、できれば安全を確認の上、ミラーで確認をしてもらいたいですが、
初めは停車中に確認をするようにしましょう。

停車後、ミラーで急に止まる車が後ろに居れば、急いでいるかで、
あなたに車間を詰めている証拠です。

2台先をたまに見る癖をつけておくと、道路状況の先が見えるようになり、
結果、路上駐車などをしている車に対し、大分手前から車線変更が可能になります。

前と信号しか見ていない人が多い中、
ミラーを見る癖をつける事で、安全を確保する確率が大分上がります。





車の運転は奥が深いです

【誰でも出来る】車を安全に速く走らせる方法

いくら上手な人でも、完璧な運転が出来る人はいません。
それは、運転は人間が操作しているからで、体調や気持ちの変化により、運転の質も変わってきます。

しかし、安全運転を心がける事に対し、自身の気持の変化などで事故を起こしてはいけません。
安全を確保する上で、運転の腕を磨くのは必要な事であり、練習することで毎日のつまらない運転が楽しくもなります。

どうしても運転が下手な人は、こちらを参照ください。

~免許取得対策・運転下手克服~ハイブリッドマニュアル


関連記事

コメント

コメントの投稿

お役立ちアイテム









RSSニュース

検索フォーム

上手時間ツイート

プロフィール

上手な時間

Author:上手な時間
ネットで見つけた、時間を有効活用できる利便性の良い商品やサービスを紹介しています。たまには感動系の話題で心の休息も。(リンクフリーです)

相互RSSも募集中です。
お気軽にご連絡下さい。
詳しくはこちら → http://jouzujikann.blog.fc2.com/blog-entry-165.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。