記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なんで一生懸命やらないの!?」 ヤル気の出ない子供の原因


「なんで一生懸命やらないの!?」 ヤル気の出ない子供の原因


子供のヤル気ほど、上下の激しい気持ちは無いですよね。

親がいくら「一生懸命やりなさい!」といったところで、返事だけは良いのですが実際ヤル気をだしてチャレンジしている風には見えません。

特に、個人スポーツの習い事をしている子供は、その日によって気持ちが変化します。なんとなくヤル気が起きなかったり、いつも言われるがままに動くだけで上手になろうという気持ちが少なかったり。

幼児の場合は言われたことを守りますが、小学生になると自分の考えがあるので親や先生の叱咤激励を受け止めようとしません。

そんな時、思うんです。

”なんで一生懸命やろうとしないんだろう!?”って。

今日は、子供のヤル気を削いでいるかもしれない原因と、子供の気持ちを考えてみます。








怒られまくってないか?

「なんで一生懸命やらないの!?」 ヤル気の出ない子供の原因


親は子供には特別な感情があります。

習い事を通じて、色々な経験をさせたいと思うのは当たりまえ。さらに、せっかくチャレンジしているのだから上手になってもらいたい気持ちが人一倍強いのも納得です。

しかし、習い事先の先生に怒られ、家でも怒られという状況になっていませんか。

子供の為を思って叱っているとしても、子供は怒られていると感じているかもしれません。


先生に怒られ、帰ってからも親から怒られていたんじゃ、つまらなくなりますよね。怒られまくっている子供は、逃げ道を探し始めますので、習い事に集中できなくなります。

鬼ババ母ちゃん! 笠地蔵お母ちゃん!~60分で今よりもっと家族が幸せになる方法(あなたのイライラ解消法)~入門編:「あなたの心が軽くなる~整理整頓の理解~」








1番を目指してない?

「なんで一生懸命やらないの!?」 ヤル気の出ない子供の原因


何事も一番を目指さなければつまらなくなります。

例えば習い事でどうしても勝てない子がいたら、諦めて勝てる子と対戦したり。都合のいい子だけと戦ったり。勉強で目標が平均点だったり。

つまり、満足の数値が低くなってませんか。

なんで遊びが楽しいか。人生ゲームやトランプがどうして面白いと感じるかというと、1番でゴールをしたいからです。そして1番になろうと考えチャレンジするから、真剣になるのだと思います。

ゲームに夢中になるのも、強敵を倒して自分が1番になりたいからです。そのためには経験値を溜めるなどの努力をするんです。

1番を目指さなければ、夢中にはなりません。結果は別物、1番を目指す楽しみが分かってないのかもしれません。

格闘技素人だった私がフルコンタクト空手を習う我が子を、約2年で全日本3位まで育て挙げた子供のサポート術や道場ではあまり教えてくれない組手試合で勝つコツなど教えます








違いが分からず諦めてないか?

「なんで一生懸命やらないの!?」 ヤル気の出ない子供の原因


子供は、1度出来たものは次も出来ると確信しています。

自信がついているという事なのですが、同じことを次も出来る保証はありません。そのため自分のモノにするには反復練習をして少しづつ上達するのですが、子供は反復練習を嫌がります。

「今、出来たんだから、次もきっとできるよ!」と確信しているからです。

勉強では、漢字が主な例です。漢字は使わなければ大人でさえも忘れてしまいます。しかし、習い終わった漢字を復習することって、めったにしませんよね。運動も同じで、練習して出来たことは殆ど復習して自分のモノにしようとしない子が多いです。

結果、反復練習した子に負け、”同じことをやっているのに負けた”という違いの意味が分からず諦めてしまいます。

勉強が苦手な子供を持つ親の正しい行動とは?~お悩みの保護者の方へ~








出来ないことは無い。けれど初めから出来る子もいない

「なんで一生懸命やらないの!?」 ヤル気の出ない子供の原因


同じスタートをしたとき、個人差によって出来る子と出来ない子に分かれます。

子供がもしも出来ない方に入ったとしたら、「同じスタートなのに、なんでウチの子は出来ないんだろう」と親は思うでしょう。そして、できるように叱るつもりが怒るとします。

すると、子供は怒られないように努力をします。けれどそれは、怒られないように様子を伺いながらビクビクしながら行っているだけで、楽しさはありません。

楽しさが無いのですから、集中力もヤル気も少なく、また出来る子と差が出ます。そして、出来る子と比べられた時、再び負けて「この子には勝てない」とインプットしてしまいます。

いつまでも出来ない原因は、こんなリズムにあるのではないかと考える次第です。

子供の力は無限大です。今出来なくても、いずれは必ずできるようになります。

子供にできないことは無い。けれど初めからできる子もいない。できるようになるにはどうしたらいいのか?

それは、チャレンジすることだと思います。そして子供ができるようになるまで応援してあげるのも務めだと感じます。

2016年版:オリンピック出場をめざすなら!キッズアスリートドリームナビ-我が子の運動能力を一気に高める知られざる7つのメソッド(方法)



関連記事

コメント

コメントの投稿

お役立ちアイテム









RSSニュース

検索フォーム

上手時間ツイート

プロフィール

上手な時間

Author:上手な時間
ネットで見つけた、時間を有効活用できる利便性の良い商品やサービスを紹介しています。たまには感動系の話題で心の休息も。(リンクフリーです)

相互RSSも募集中です。
お気軽にご連絡下さい。
詳しくはこちら → http://jouzujikann.blog.fc2.com/blog-entry-165.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。