記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しいファミリーキャンプやバーベキュー時に注意すること



楽しいファミリーキャンプやバーベキュー時に注意すること

家族や仲間と過ごすファミリーキャンプ。
暑い日に河原で炭火で焼くバーベキュー。

皆でワイワイ楽しい時間ですよね。

でも、キャンプやバーベキューは自然の中で行うモノ。自然の中は優しいだけじゃないってことをお知らせするために、そして、楽しい思い出だけを残せるように、今日はファミリーキャンプやバーベキューをおこなう際に注意しておくことを紹介します。









着火剤とバーナーを忘れずに


 

炭に火をつけなければ何も始まりませんが、この火おこしが結構難しいんですよね。

新聞紙を丸めて火を起こす方法もありますが、風が吹くと燃えカスが舞って大変なことになります。

そこで、新聞紙とプラスして着火剤とバーナーを用意しておけば安心。着火剤は種類があり、100均にも売っていますが、燃え尽きるのが早いのでアウトドア専用のものがオススメ。

火おこしのコツは、炭を入れ過ぎないこと。火は小さい所から育てるものなんです。

バーナーは時間を掛ければ炭に直接火をつけることもできますので、万が一の場合に備えて持っておくと便利です。









メニューは事前に決めておく


楽しいファミリーキャンプやバーベキュー時に注意すること

メニューを事前に決めておくと、食材の余りが無くなります。

また、下ごしらえも自宅でできるので、会場でゆとりをもって設営が出来ます。

これは、キャンプでもバーベキューでも同じことです。とりあえず持っていくというのが一番荷物が多くなるパターン。また、焼肉ばかりですと飽きてしまったり、親父の胃袋には重かったりしますので、スープやお新香、海鮮など箸休めがあると喜ばれます。

特に、しじみのスープなどは、肝臓にも良いので、食事のしめにオススメです。









食材から目を離さない


楽しいファミリーキャンプやバーベキュー時に注意すること

準備に夢中になって、下ごしらえの終えた食材をテーブルに置きっぱなし―――。

そういった置きっぱなし食材は、招かれざる訪問の動物に狙われてます。

最近のキャンプ場では、動物が人間慣れしてしまい食材を荒らす被害が増えているんです。

鎌倉でハンバーガーを食べようとしていたカップルのうち、ぼーっとしていた男性のハンバーガーをトンビが取っていった事例もあります。手に持っているにも関わらずです。

食材を狙う主な動物は、カラス、トンビ、猫、サル。人間の食べ物の味を知った動物は、人間が逆に怖がることを知っていて、野生のスピードで食材を取っていきます。

くれぐれも、食材から目を離さないように。









酒は飲んでも飲まれるな


楽しいファミリーキャンプやバーベキュー時に注意すること

昼間っからの飲み会。気分もよく、気持ちが良いですよね。

でも、昼のアルコールは夜に比べて酔いやすいんです。理由は、バーベキューの準備中に空腹の中アルコールを摂取するから。

また、アルコールの摂取により紫外線の影響から体が火照りやすく、体温上昇から酔いが回りやすくなります。

気心知れた仲間と集まった嬉しさから、ついついお酒のピッチが速くなりますが、毎年、急性アルコール中毒で救急車騒ぎになるグループが後を絶ちません。

お酒は、なるべく料理と一緒に飲み始めるのが良いですね。








お酒を飲んで海や川に入ってはダメ


楽しいファミリーキャンプやバーベキュー時に注意すること

お酒を飲んで熱くなると、海や川で冷やしたい気持ちが出てきます。けれど、この行為は絶対にダメです。

理由は心臓麻痺。アルコールで血圧が上がったところに、さらに急激に冷やすことによって血圧がMAX、結果溺れたり倒れたりします。

キャンプやバーベキューはお酒を大量に飲みます。自分は酒に強いから大丈夫と思っていても、体は正直です。









ゴミは分別!生ごみは必ず取られない場所に


楽しいファミリーキャンプやバーベキュー時に注意すること

バーベキューをしていると、必ずゴミは出ます。肉のパックや空き缶です。

最近河川でバーベキューをした後のゴミが問題になっていますよね。BBQ中止にならないためにも、グリルの近くにゴミ箱を置いておくと、捨てる手間が省けます。

また、キャンプの夜、生ごみをそのまま外に置いておくと、動物に狙われます。

猫やカラス、鹿です。夜行性の性質がある動物は、寝静まったキャンプ場にエサがあることを知っています。臆病な鹿も、テントの隣までくるんですよ。

翌日サイトにゴミが散乱しているという事が良くあるので、キャンプの生ごみはネットに入れるか車に入れるか、動物に取られない方法を考えましょう。









用意に夢中にならない


楽しいファミリーキャンプやバーベキュー時に注意すること

キャンプやバーベキューの主役は子供やお母さんです。この事を忘れて、用意に夢中になっているお父さんがよくいます。

もちろん、テントやタープを最初に建てなければなりませんが、料理の準備や火おこしは子供達と一緒にやると楽しさ倍増。

子供達が興味を示さなかったら、一緒に遊んであげましょう。くれぐれも、河川などで子供から目を離さないように。

自称イクメンが、気が向いたときだけ子供と遊んで、あとは準備に夢中になり、お母さんの反感を買う事例をよく耳にします。

全部を現地でやろうとするから時間がかかるんです。食材は食べやすいサイズに切ったりして、あとは焼くだけの下ごしらえを家で終わらせておけば、ゆとりのあるキャンプやバーベキューが出来ます。









日陰を用意する


楽しいファミリーキャンプやバーベキュー時に注意すること

芝生キャンプや河川のバーベキュー場では、日陰の無い事がよくあります。

タープが張れれば問題ありませんが、バーベキュー場ですと、指定の場所が限られることもあります。

そんな場合に備え、日傘や帽子も忘れず持っていくこと。そして水分補給を忘れずに。アルコールは水分になりません。熱射病にならない注意が必要です。

 









楽しい思い出を作るために


楽しいファミリーキャンプやバーベキュー時に注意すること

楽しい思い出を残すためには、大人がしっかりと状況を把握できる余力を残しておくことが大切です。

自然の中で遊ぶのですから、突然の豪雨や暴風もあります。どんな事が起きても不思議ではないぐらいに思っていた方が安心です。

最後に、毎回のバーベキューに飽きた人向けに、業務用の裏レシピを紹介します。売れる料理を研究し、見栄えやひと手間の味を追加することによって、食材を奮発しなくても、簡単に高級店の料理に変身させる方法のご紹介です。


【おいしいご飯】業務用レシピ


関連記事

コメント

コメントの投稿

お役立ちアイテム









RSSニュース

検索フォーム

上手時間ツイート

プロフィール

上手な時間

Author:上手な時間
ネットで見つけた、時間を有効活用できる利便性の良い商品やサービスを紹介しています。たまには感動系の話題で心の休息も。(リンクフリーです)

相互RSSも募集中です。
お気軽にご連絡下さい。
詳しくはこちら → http://jouzujikann.blog.fc2.com/blog-entry-165.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。