記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実的な雨の日ファミリーキャンプの過ごし方



現実的な雨の日ファミリーキャンプの過ごし方


雨の日のキャンプほど、ガッカリしちゃいますよね。

せっかく楽しみにしていたキャンプなのに、雨が降ってきて考えてた遊びが全部台無しになっちゃう。

大人だけのキャンプなら、読書や美味しい物を食べながらゆったり・・・なんてことも可能ですが、ファミリーキャンプ、特に子供がいると雨のキャンプをどうやって過ごそうか考えてしまいます。

木の実を拾って絵を描いたり、木を使って工作したり、、、そう考える大人は多いと思います。

自然を満喫しながら過ごすのも悪くは無いです。しかし、普段自然と戯れていない子供達がいきなり雨の日だからと木の実で遊べますか?

使ったこともないナイフを突然持たせて、「何か工作してみろ」と言えますか?

大人は「せっかく自然の中に来たんだし」と、自然の中のものを使って遊ぶの事を提案します。子供はちょっとチャレンジしてみて、すぐに飽きてツマラナイ時間を過ごす。。。普段やらないことは楽しさが分かりずらいものです。

空前のキャンプブームが到来している中、そろそろ梅雨にも入ります。また標高の高いキャンプ場は天気も不安定。

今日は天気に左右されないために、現実的な雨の日キャンプの過ごし方を紹介します。









ゲームで遊ぶ

現実的な雨の日ファミリーキャンプの過ごし方

まずは、定番のところから。ボードゲームや、テレビゲームなどのおもちゃで遊ぶ方法です。

1日中ゲームをする訳にも教育上良くありませんから、短時間のうちに雨が止むと予想が出来るときに有効です。

3DSなどのゲームよりも、モノポリーやトランプなど皆で参加するゲームの方が盛り上がります。

また、ラジコンは防水加工が施された物も多く、昔懐かしい野球盤は、お父さんが熱くなること請け合いです。

 

 









昔遊びで盛り上がる

現実的な雨の日ファミリーキャンプの過ごし方

キャンプ場=田舎の家!的な考え方の元、親と子供が一緒に盛り上がれる昔遊びで遊びます。

昔遊びとは、けん玉、ベーゴマ、メンコ、ゴム段、おはじきなどです。男のコなら、けん玉やヨーヨーにチャレンジ、女の子なら、タープにゴムをつけてゴム段です。

テントの中でメンコやおはじき、ビー玉遊びも盛り上がります。体を動かすか動かさないかで決められる遊びが昔遊びにはたくさんあります。

 

 









一日中雨の場合は温泉へ

現実的な雨の日ファミリーキャンプの過ごし方

雨が上がりそうになかったら、キャンプ場に居座らず近くの日帰り温泉にいってしまいましょう。

温泉大国、日本。どこへ行っても温泉はあります。雨の音を聞きながら、露天風呂に入るのも乙なものです。夕飯を作るのが面倒になっても大丈夫。温泉施設で食べちゃいましょう。

雨にイライラするより、自然を満喫するとは自然に逆らわず臨機応変に対応し、ゆとりを持って過ごす事だと思います。

 

 









午前中から雨だったら

現実的な雨の日ファミリーキャンプの過ごし方

ファミリーキャンプ連泊中、午前中から雨だったら、近くのイオンへ行くのもアリだと思います。

中々止まない雨を待つより、1日を無駄にしないため、また子供を楽しませる事を第一優先にして行動を。

イオンで映画を見たり、ゲームで遊んだり、忘れた物を買い足したり。地方なら必ずあるイオンは強い味方です。

イオンだけではなく、地方にはインター近くに大型ショッピングモールはあるもの。それらを有効に使い、雨が上がったらキャンプを楽しみましょう。

 

 









雨に濡れて楽しむのも良いかも?

現実的な雨の日ファミリーキャンプの過ごし方

キャンプ場から出るのも時間がかかり、近場に何も無い。また、出掛けるのも非常に面倒な場合は、雨を楽しんでしまいましょう。

強力なレインウェアと長靴さえあれば、雨でも外遊びが出来ます。(実際、私はやっています)「服が濡れたら着替えれば良い」ぐらいの気持ちで、雨の中で遊びましょう。

散歩をして、大きな葉っぱに雨水を溜めたり、船を作って水溜まりに浮かべたり。雨の中でキャッチボールをしたり。

降水確率にもよりますが、ドシャ降りでない限りは遊べるものです。キャンプ場に遊具があればレインウエアを着て遊ばせます。

1つ注意ですが、雨の中に長時間いると体が冷えますので、温かいスープなどを作ってから遊ぶ方が良いです。また、レインウェアは防水性の高いものを選びましょう。

 

 









雨は自然からの贈り物

現実的な雨の日ファミリーキャンプの過ごし方

雨は自然からの送り物。雨が降らなければ水不足に悩んでしまいますからね。

ただ、キャンプブームで誰もが気軽にキャンプができるようになりました。そして、多くの家族が子供に自然の良さを体験させようと考えてキャンプに連れて行くのだと思います。その自然の一つが ”雨” です。

キャンプのとき、雨が降ると憂鬱な気分になりますが、自然を体験することに捕らわれず、雨が降ったらその中で楽しめる事をすれば良いと思います。

ちなみに、雨が憂鬱に感じる原因の一つは靴です。

人間は、靴が濡れて水が入ってくると、とても不快に感じます。そこでキャンプには必ず突発的な雨に備えて長靴を持参しましょう。雨の中、足元が濡れないと外で動く気力が出ます。これ本当です。

今日は、現実的な雨のファミリーキャンプの過ごし方でした。

 

 

関連記事

コメント

コメントの投稿

お役立ちアイテム









RSSニュース

検索フォーム

上手時間ツイート

プロフィール

上手な時間

Author:上手な時間
ネットで見つけた、時間を有効活用できる利便性の良い商品やサービスを紹介しています。たまには感動系の話題で心の休息も。(リンクフリーです)

相互RSSも募集中です。
お気軽にご連絡下さい。
詳しくはこちら → http://jouzujikann.blog.fc2.com/blog-entry-165.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。